自分のクマの種類|ミラドライで長年の悩みを解消しよう|美容効果を即効でゲット

ミラドライで長年の悩みを解消しよう|美容効果を即効でゲット

女の人

自分のクマの種類

女性

目の下のクマを改善したいと考える人は多いです。改善したい場合は、まず自分のクマが、どの種類のクマなのかを調べる事が大切です。目の下のクマはどれも同じように見えて、実は3種類あります。3種類それぞれ原因も違い、対処法も異なります。調べる方法はとても簡単で、目の下の皮膚を引っ張ったり、鏡を持って上を見たりするだけです。これだけで自分のクマの種類を判別することができます。目の下の皮膚を引っ張った時にクマが薄くなった場合は、青クマです。鏡を持って上を見てクマが薄くなったら青クマです。どの方法を行なっても、薄くならなかった場合は茶クマとなります。

青クマは睡眠不足や疲労、冷え性、血行不良などが原因となっています。目元は他の部位よりも血流が悪く、皮膚も薄いので、目の下が青黒く見えてしまいます。特に肌の色が白い人は、青クマが目立ちやすいです。黒クマの原因は、たるみ、目の下のコラーゲン不足などです。黒クマの特徴は、皮膚の色が変わっているのではなく、影ができてクマのように見えていることです。茶クマは、シミやくすみ、目の下への刺激による色素沈着などによってメラニン色素が増えてしまい起こるクマです。自分のクマの種類を理解することによって、自分の体の悪い部分を知ることもできますし、正しい対処法を知ることもできます。